延浄寺の提案するお墓・葬儀

葬儀

当寺は葬儀の新しい形を示し、経費についてもお墓を含めて時代に対応する額を提示しました。また、まったく新しい提案もあります。

香典返しは社会貢献に

それは、この世で「生かされて・生きて来た」まさに、いのちの終わるにあたり、「いのちや環境に関わるNGOやNPO」の活動に役立たせる寄付をすることです。これは、この世に「輝きを残す」最後の社会貢献になることだと思います。「お返しは社会貢献に」そんな葬儀の文化ができればすばらしいことだと思います。

延浄寺の新しい葬儀(送儀)の形 (葬儀者指定)

  1. まず火葬します。その後当寺本堂で読経します。火葬場で読経する場合もあります。本堂で法事と同じ形で葬儀を進めますから、祭壇は不要です。この後すぐに「寺の墓」に納骨もできます。

    ※地方によっては「前火葬」が普通のところもあります。火葬をしてから葬儀をします。

    ※葬儀後すぐに納骨する地方もあります。

    ※葬儀の葬は草と草のあいだに死をおく、埋葬の意味があります。

    ですから葬ではなく送とした方が良い場合もあります。

    ※すでに直葬等で火葬にされている場合でも受け入れます。

  2. お通夜に相当する「お別れ」の会(送式)を行います。

    次の日家族だけで火葬場に行きます。

    ※送式の形はいろいろあります。

    従来の通夜・葬儀・告別式を通夜に相当する1日だけにします。

    次の日は家族だけで火葬場にいきます。

    ※火葬してからの送式でも構いません。

    ※火葬してからの送式でも構いません。

  3. 家族葬(10人程度の少人数)で当寺会館で通夜、翌日葬儀を行います。

  4. 通夜、葬儀は従来通り行います。

  5. 本人の生前の希望(寺との約束)により葬儀は行わない。すぐに自然墓に散骨する。

    (延浄寺には自然墓があります。)

  6. その他、本人、施主の希望により様々な対応ができます。

詳しい料金 火葬から葬儀(送儀)まで一例

(1)60万円…

火葬した後、当寺本堂又は会館で葬儀(送儀)

火葬に関する経費、葬儀・法名布施・写真・本堂用生花・盛り物儀

(2)90万円…

通夜又は葬儀(送儀)一日のみ行う。火葬場は家族だけですませる。

火葬に関する経費、葬儀・法名布施、当寺の規格の花祭壇、写真、葬儀(送儀)進行司会、繰上げ初七日法要、本堂用生花、盛り物

  • ※いずれの場合も飲食代は含みません。
  • ※火葬場までの車は霊柩車・マイクロバスは使用しません。
  • ※遺言書作成、思い出アルバム、感謝の言葉など生前に残すことができます(別経費)